2005.09.28

敬語か“日本昔話”か??

知り合いの小学校6年生の男の子。
国語のプリントで、敬語の問題を解いていました。

「お客様がケーキを食べる。」という例文の「食べる」の部分に線が引いてあり、「敬う言い方にしなさい」との指示。
で、その子の解答は

“食べなさる”

……って、えーーー??
久しぶりに腹の底から笑いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.16

幻の漁法“ぼっしゅ”

以前、ウチの職場に出入りしている学生が、近所のおじさんにいろいろな漁法の話を聞いてきたことがある。
そのおじさんは、まあ川漁の名人みたいな人で、次から次へと聞いたこともない漁法を教えてくれたらしい。

手元に残っている、その話のレポートを読むと、逆さ籠や火ぶりといった比較的分かりやすいものから、ぶって、ぼっしゅなどという摩可不思議なものまで、いくつもの漁法の名前が挙げられている。「ぶってとかぼっしゅなんて、不思議な漁法があるもんだ」と、ウチの職場の人間は信じて疑わなかった。

しかし、最近になってショッキングな事実が判明。
実は、“ぼっしゅ”などという漁法はなく、それは“川干し”のことだったのだ!
例の話を聞かせてくれたおじさんの「かわぼし」という発音は、「かわぼしゅ」に近いらしく、どうやらそれを聞き間違えたということらしい。

なんだよー。
おもしろい言葉が1つなくなって、がっかり。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.12.10

雪は天から送られた手紙である

雪氷学者、中谷宇吉郎の言葉。先日の朝日新聞土曜版で紹介されていた。

私がこの言葉を知ったのはいつだったか……。高校の頃か大学の頃か。この時期になるとふと思い出す、私のお気に入りのフレーズである。
科学的真理が詩的に表現されている。この文が意味する内容を導き出した研究のすごさと、それを無味乾燥な言葉を使わずに表現した心意気と文学的センスの同居。

この一文は、憧れであり、目標でもあるけれど、なかなかたどり着くことのできない高みにいるのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.20

ライポン

当地に引っ越して3年半(とちょっと)。
引っ越して1年目に、「shibaさん、ライポン取って!」と言われ、何のことやらさっぱり分からない私が呆けていると、「ライポンて言わないの?」と聞かれた。
その人が取って欲しかったもの、それは食器用洗剤。
その昔、ライポンという食器用洗剤があってそういう風に呼ばれるようになったとかなんとか。真偽の程は定かでないが。

今日、久しぶりに“ライポン”という言葉を耳にして、ふと、そのことを思い出したのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.20

やまめかぶ?

日記ならぬ週記になっているとかいないとか。

昨日、農産物直売所を覗いての会話。

連れ:あ、ほら、あの緑の葉っぱなんだっけ、えーと……やま、めかぶ?
私:どれ、あ……それはオカヒジキ。

2人で大受けしました。
「山」と「丘」、「めかぶ」と「ひじき」。言いたいことはよく分かります。確かに似ている。しかも、オカヒジキはひじきよりめかぶに似ている気が……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.14

ソロッポ

猟師の言葉で、一本角のシカのことをソロッポと呼ぶらしい。
てっきり方言だと思っていたのだが、埼玉でも同じように呼んでいるらしい。
ある程度範囲の広い方言なのか、それとも猟師の共通語(?)なんだろうか……。
角が「1」本なのと、「ソロ(=solo)」は何か関係があるのかな???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.03

蛇足!蛇足!

本日付け朝日新聞東京版の一面記事「「ヘビの先祖」最古の化石発見」を見て、蛇足だ~!と大喜びしたのは私だけじゃないはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.18

“○○.org”ではない

20代半ばの典型的“今時の若者”から来たメールに「組合オルグがあるため」という一文があり、思わずニヤリ。
組合などでは、今でもこういう言葉って使うんですね。
なんて書くと私が学生運動当時の学生であるかのように見えますが、私も小説で読んだか何か(当時の青春モノか何かだと思う)でかろうじて知っていただけです。
googleで「オルグ」を検索してトップに出てくるページにも、「タイトルで何の本だかわかる人はある程度以上の年齢の人だろう。」と書かれていますし、一般的にはいわゆる「死語」というヤツではないでしょうか。
一般的には死語になった言葉でも、業界の中では生き続けるのかな。

ちなみに、このご時世、20代で組合に加入しているというのも珍しいかと思いますが、このメールの差出人の職場では、組合には全員加入するのが当然のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.29

わかせん

ジャパネット高田の電子辞書のCMに思わず笑ってしまいました。
畳みかけるような誤用の指摘が面白い。「若干」を「わかせん」はないだろー!と一人で大受け。
いいなぁこれ。シリーズでいろいろやって欲しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.20

超中枢。

スーパー中枢港湾って何ですか??

頭悪そうなネーミング。スーパーって何よ、スーパーって。
どうせなら「Super Leading Port」だとかにすればいいのに(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧