« 春が来たので詠んだ歌 | Main | 世間がこんなに狭いとは! »

2005.03.14

This Is The 結婚式

昨日は知人の結婚式でした。今の地元の人の結婚式は初めてで、しかも、新郎は役場職員、新婦は学校の先生というカタいカップルだったもんで、どちらかというといわゆる大がかりな式で、まぁ、いろいろと驚くことが……。

まず一発目、招待状からして私は衝撃でした。(何のことはない)親の名前の招待状だったのです。今の今まで、結婚する本人達からの招待状しか受け取ったことの無かった私は度肝を抜かれ、さすが地方は未だにこういう感じなのか……とやや引いたわけですが、東京の友人に聞いた所、東京でもそういう招待状を受け取ることはあるそうで、地方だからというよりもそういうのを気にする家の人は、ということなんでしょうかね。

そして当日。交通不便なこの地域、チャーターのバスが出るのは知っていたのですが、やってきたのは観光バス!!でかい!!1人2席使って悠々の1時間半。
しかも、新郎から差し入れ、といって、バスに乗った全員に、お茶、ビール、日本酒、おつまみの入った袋が配られました。周囲のおじさん達は早速飲んで盛り上がってました。なんという心遣い(苦笑)。
ここまで気を配らなければいけない新郎さんに(いらぬ)同情というか、心配。ぶっちゃけ、こういう細かい心遣いでいくらくらいかかっているんだろう、みたいな……。結婚にお金がかかるというのは本当ですね(違

さらにさらに。会場は、もう、向こうのはじっこが見えないくらい広~い部屋で、料理は、ナイフとフォークを外側から使っていくスタイルの純フランス料理でした。おいしかったので満足ですが……力入ってる……。

まぁ、仲人さんはいなかったし、まだまだすごくなる余地はあったんでしょうけど、私の中では群を抜いて大がかりというかフォーマルというか、そういう披露宴でした。ホント、新郎新婦、尊敬しますよ。

|

« 春が来たので詠んだ歌 | Main | 世間がこんなに狭いとは! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23377/3299708

Listed below are links to weblogs that reference This Is The 結婚式:

« 春が来たので詠んだ歌 | Main | 世間がこんなに狭いとは! »