« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.22

短歌日記なのに俳句デビュー!

地元の句会に初参加。歌会があれば間違いなくそっちへ参加するのだが、あいにくウチの町には句会しかない。

町の広報にこの句会の作品が載っていたりして、前々から興味があったのだが、なんとなくきっかけもないままに行きそびれていた。それが、たまたまこの句会に参加している人と話をする機会があって、「面白そうですよねー」と言ったら、その後、その人以外にも3、4人のメンバーから熱烈なお誘いを受け、遂にデビューと相成った。

本日の出席者は13人。投句で参加の人も含めると22人だった。この22人が4句を持ち寄る。作者が分からない状態で公表された88句の中から15句、気に入った句を選んだ。みんなが選ぶ句もあれば、1票も入らない句も中にはある。
今日の最高得点は11点。10の大台を越えることは珍しいとのこと。ちなみにこの最高点の句を作った人は、他の句も高得点だった。
私は1句が3点、3句が2点だった。0点の句もあったことを考えれば、初めてにしては上々。嬉しい。私を誘ってくれた人のが私の句を評して1人曰く「(頭の中の想像で作ったわけではなく)写実的でいいよね」。ハイ、何事も自分の目で見たり、実感したりしないと言葉にならない人間なのです……。

しかし、こういう句会に出て思うのは、やっぱり自分の生活は詠む句にも選ぶ句にも出るということ。周りの参加者は殆どみんな農作業をしている人なので、そういうことを詠んだ句も多いし、多分、農作業にまつわる情景というのは共有しやすいのだろう、私は選ばなかったけれど高得点なのは、農作業にまつわる主題の句が多かった。

最初に誘われた人からは、「作るのも勉強だけど、選ぶっていうのもすごく勉強になるんだよ」って言われていた。今日、実際に他の人の句を読んで選んで、その言葉の意味する所が分かった。
他人の句は、自分の中で自明の状況でないだけに、言葉の使い方や組み立て方を冷静に見ることが出来る。例えば、自分はいいと思って選んだのに、他の人は誰も票を入れないという句もある。逆に、自分はあまりいいと思わなかったのに、周りの人には人気の句もある。自分が何故選んだのか/選ばなかったのか。その理由を考えることが1つの学びになるのだ。

究極的に短い定型詩、俳句。これから長い付き合いになりそうだ……。

オマケ:初の投稿句
朧月まだ出ぬ空の藍の濃さ
引っ越してつかる湯舟や春浅し
あてのない夜の散歩に春の月
菜の花をおひたしにする箸軽し

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.21

世間がこんなに狭いとは!

一昨日、高校時代の友人の結婚式があり、当時の友人3人と会った。昨日は、大学院時代の友人6人と会った。

院時代の友人達とは、「今、何の仕事してるの?」という話になり、その中の1人が、某役所の廃棄物対策課にいるという。ちょっと待て。その部署の名前、前の日も聞いたような……。

なんと、高校時代の友人Oと院時代の友人Tが同じ職場にいたのだ!!ただ、同じといっても、担当している地域が違うため、机を並べて、というわけではないらしい。毎日顔を合わせるわけではないので、あまりプライベートな話をしたこともなく、よもや共通の知人がいるとは知らなかったのだそうな。

世間は狭いというけれど、ここまで狭いとは。しかも、2人とも滅多に会わない友人なのに、今回立て続けに会っているという偶然が恐ろしい。ホント、悪いことは出来ません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.14

This Is The 結婚式

昨日は知人の結婚式でした。今の地元の人の結婚式は初めてで、しかも、新郎は役場職員、新婦は学校の先生というカタいカップルだったもんで、どちらかというといわゆる大がかりな式で、まぁ、いろいろと驚くことが……。

まず一発目、招待状からして私は衝撃でした。(何のことはない)親の名前の招待状だったのです。今の今まで、結婚する本人達からの招待状しか受け取ったことの無かった私は度肝を抜かれ、さすが地方は未だにこういう感じなのか……とやや引いたわけですが、東京の友人に聞いた所、東京でもそういう招待状を受け取ることはあるそうで、地方だからというよりもそういうのを気にする家の人は、ということなんでしょうかね。

そして当日。交通不便なこの地域、チャーターのバスが出るのは知っていたのですが、やってきたのは観光バス!!でかい!!1人2席使って悠々の1時間半。
しかも、新郎から差し入れ、といって、バスに乗った全員に、お茶、ビール、日本酒、おつまみの入った袋が配られました。周囲のおじさん達は早速飲んで盛り上がってました。なんという心遣い(苦笑)。
ここまで気を配らなければいけない新郎さんに(いらぬ)同情というか、心配。ぶっちゃけ、こういう細かい心遣いでいくらくらいかかっているんだろう、みたいな……。結婚にお金がかかるというのは本当ですね(違

さらにさらに。会場は、もう、向こうのはじっこが見えないくらい広~い部屋で、料理は、ナイフとフォークを外側から使っていくスタイルの純フランス料理でした。おいしかったので満足ですが……力入ってる……。

まぁ、仲人さんはいなかったし、まだまだすごくなる余地はあったんでしょうけど、私の中では群を抜いて大がかりというかフォーマルというか、そういう披露宴でした。ホント、新郎新婦、尊敬しますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.12

春が来たので詠んだ歌

春の雨落ちる滴が映すのは空き家と目覚め間近の山と

何となく春の気配は里に満ち荷台に子らを乗せる軽トラ

この闇もどこかやさしい気配してコートを脱いだ春の新月

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.06

田舎に暮らしてはいるけれど

田舎に移住して、農的暮らしをしたいというMさんというご夫婦が、うちの職場にやってきた。その人が県庁に問い合わせた所、県の職員がウチに連れてきたのだ。
職場の先輩が町内をあちこち案内し、農業や(借りられそうな)空き家の現状を見て回っていた。
Mさんご夫婦の希望は、とにかく自分たちが食べるものは自分たちで作り、炭なども焼いて使い、それプラス現金収入の方法を考えたいのだという。
ついでに、県内で3年前に農業をはじめて、最近はそれなりに軌道に乗ってきたという私の友人の所も訪ねて、話を聞いたり畑を見せてもらったりした。友人の所にはもう一人別の就農希望の人も来ていて、何だか盛り上がっている。

かくいう私は、田舎に暮らしてはいるものの、生活スタイルは田舎暮らしとはほど遠い。仕事自体もデスクワークだし、畑をしているわけでもないし……。
最近広がった人脈は、地域づくりとか田舎暮らしを実践している人というよりは、研究者系の人。
自分自身では、実践にまで足を踏み込めるからと思って今の仕事にものすごい意義を見いだしたんだけど、振り返ってみれば結局自分自身の実践はしていないような……。

せめて簡単な食品加工くらいはやってみようかと思う今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »