« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.16

PETA&ROBBINクリスマスコンサート

ギター弾き語りのペータさん(北海道在住の生粋の日本人)と民族楽器奏者のロビン・ロイドさん(京都在住のアメリカ人)のクリスマスコンサートがあり、行って来ました。
ペータさんは去年もクリスマスコンサートを開いてくれて、それを聴いて以来のファン。中でもとにかく好きなのが、アルバムのタイトルにもなっている「Powder Snow」というインストゥルメンタルの曲です。透明感と清涼感があり、「粉雪」という言葉から連想する儚さがありながらも、いつまでも降り続く粉雪に、いつしか飲み込まれてしまいそうな気分になるの一曲。今年もそれを演奏してくれて、もう、紡ぎ出される生音にうっとりしました。
一方のロビンさんは今回初めて演奏を聴きました。これがまたステキ!何種類もの民族楽器を演奏してくれたのですが、中でもすごくよかったのが、カリンバ、日本名「親指ピアノ」。(多分)共鳴のせいで、小さい楽器とは思えない深みのある音が出てました。“トランス”という音楽のジャンルがありますが、これってトランスの曲って言っても良いだろうなぁと言うくらい(打ち込みで作ったみたいに)不思議な音。マリンバの響きに似ているなぁと思ったら、名前も似ているように同じ地域の楽器なのだそうです。

とにかく最高のコンサートでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.14

今日日の迷惑メール

毎日1~2通、知人を装った迷惑メールが届きます。“いかにも”を装ってはいるものの、心当たりがなさ過ぎるのですぐにそれと分かるものばかり。

でも!

さっき届いたヤツは、危うくだまされる所でした。心当たりがあったもんで(^^;以下、さらし。

Subject: 平田です。届いてますか? From: cq

先日メールをしたのですが、
届いてないのでしょうか?
お返事がいただけなく、ちょっとへこんでおります。
平田、新しいアカウントでアドレスを作りました♪
もしよろしければこちらにメールをいただければ
平田とても喜ばしいことであります☆
平田、昨日ハウルを見てまいりました♪
お話がよくわからなかったのですが、
宮崎さんのアニメの基本はボーイミーツガール!
のピュアな物語であると平田思っておりますので、
難しい部分を抜きにしてもとっても楽しめました☆
女子高時代からの友人と見に行きました。
次映画を見るときはぜひぜひ一緒に☆なーんて。
では、お返事待っていますね♪
平田でございました☆

後半読んですぐに気付いたのですが、出だしの5行が……。音信不通気味の後輩に平田がいるもんで、思わずだまされそうになりました。危険だ。この調子でいろんなパターンのメールが来ると、いつかだまされてしまいそうな気がする……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.10

雪は天から送られた手紙である

雪氷学者、中谷宇吉郎の言葉。先日の朝日新聞土曜版で紹介されていた。

私がこの言葉を知ったのはいつだったか……。高校の頃か大学の頃か。この時期になるとふと思い出す、私のお気に入りのフレーズである。
科学的真理が詩的に表現されている。この文が意味する内容を導き出した研究のすごさと、それを無味乾燥な言葉を使わずに表現した心意気と文学的センスの同居。

この一文は、憧れであり、目標でもあるけれど、なかなかたどり着くことのできない高みにいるのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.09

怖い話の意外な顛末

2年くらい前に、近所の中学生からローカルな怖い話をいくつか聞かされた。その中で私が一番怖かったというかキモチ悪く思ったのは、「夜中、某電話ボックスの前の駐車場に黒いワゴン車が止まっていて、そのワゴン車には首のない人が乗っている」という話。あまりの脈絡のなさと場所の具体性が、妙に不気味だった。
先日、そんな話を地元の人にしたら、今日、その人が「黒いワゴンに乗った首のない人の正体が分かった!」と言ってきたのだ。私がした話を知り合いのガソリンスタンドの店員にしたところ、その店員が「それって○×工務店の社長と一緒に時々スタンドに来る人だと思う」と言ったのだという。その人は黒いワゴン車でたまに姿を見せるのだが、確かに首が無いそうだ。どういうことかというと、両肩が盛り上がって首が埋まっているために、“頭はあるけど首はない”状態で、遠くから見ると首がないようにも見えるのだとか……。
何じゃそりゃ、という感じだが、確かに、某電話ボックスの傍には○×工務店の資材置き場もある。真相はこんな所なのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »