« Amazon.co.jp: 音楽: Junk Collector | Main | 「ブログ」が「日記」じゃない理由 »

2004.03.24

インタビューするということ

桜井厚を読了。発見がいろいろあった。
実証主義的な所というか、本質主義的なところと、構築主義的?認識論的?なところの間で揺れている。もともとはどちらかと言えば後者の視点の方が好きなんだけど、仕事で考えざるをえないのは計画/政策系の話で、前者の立場に居がち。これって私の勉強不足なのか……。

次はこの本と一緒に買った佐藤郁哉を読もうかと思っていたけど、やっぱり積ん読になっていた構築主義の本にしようかな。

|

« Amazon.co.jp: 音楽: Junk Collector | Main | 「ブログ」が「日記」じゃない理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23377/348242

Listed below are links to weblogs that reference インタビューするということ:

« Amazon.co.jp: 音楽: Junk Collector | Main | 「ブログ」が「日記」じゃない理由 »